×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

楽天市場への直送案内プロジェクト!!
アッタ? コレデスヨネ?


【黒糖焼酎】れんと 25度 1800ml【奄美大島開運酒造】【05P16mar10eagles】

れんと 25度 1800ml1.黒糖焼酎は奄美諸島の特産です。  …奄美諸島に限って認められている”糖分ゼロ”の黒糖焼酎。 2.米麹を使って個性を引き出す独特の発酵法  …黒糖と米麹を7:3でブレンドしたもろみが キーポイント。 3.仕込み水は奄美大島の最高峰、霊山 ”湯湾岳”の清廉な湧流水を使用。   …伏流水をなんと、自社工場までパイプで引き込み、それを濾過して使用。4.地元特産、自然のままの黒糖を使用  …地元宇検村の黒糖を年間約50t使っている。 5.名曲聞かせて音響熟成  …国際特許”バイブロ・トランスヂューサ”方式を導入  6.女性杜氏が時代感覚を生かして酒造り   …管理栄養士の資格を持つ渡悦美が究極の技で醸す。  良い香りと味を出す酵母を使った二つの原酒をブレンドし、奄美の名水で割水した後、音響熟成させるこだわりの製法で醸すれんと。ゆっくりと響く、南国奄美の風・音を体感できるライトなセエ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄■おいしい飲みかたロックストレート水割りお湯割り◎○○◎〔蔵 元〕奄美大島開運酒造             〔所在地〕奄美大島              〔原材料〕黒糖 米麹             〔度 数〕25度【楽天シニア市場】【05P21Jul09】れんと 25度 1800ml奄美大島開運酒造,れんと,FAU,紅さんご ようこそ!れんとの奄美大島開運酒造へ 奄美大島開運酒造,れんと,FAU,紅さんごを醸す蔵元へ! 奄美大島開運酒造は名護市の戸田酒造所から経営を引き継ぎ、1996年に奄美大島開運酒造として新たに出発、もともと地元名護市を中心に結婚式場・宴会場・ホテル・遊技場を経営しており、まったくの異業種としての参入でした。創業時は、そうした背景に加え、業界の中では新参者でありましたので、大変苦労されたようですが、「女性杜氏による女性のための酒造り」のポリシーがまず九州に浸透し、昨今の黒糖焼酎ブームもあいまって、全国区になりました。この7年でなんと7千石までに急成長してきたのは、ただただ驚きです。今後は減圧蒸留から常圧蒸留まで幅広く商品開発をするようですので、この蔵元、ますます目が離せません。  さて、我々スタッフ一行は、昨年の11月に奄美大島開運酒造さんを訪ねました。奄美大島そのものに上陸するのは皆初めての経験で、期待と不安を胸に、東京を飛び立ちました。途中緊張をほぐすために!?大量の焼酎による燃料補給を行いながら、ふらふらになって!?奄美大島空港に到着しました。実は今回の来島条件が「送迎はもちろんのこと、食事付き宿泊付き」であったことも、か・な・りその気にさせたことは言うまでもありません。到着後、「いるのかなぁ?」と、空港ロビーを見渡すと、それらしき一人の女性が・・・。近づくと、「サワヤさん!」とやさしく声をかけられ、すぐに自己紹介タイムへ突入。出迎えてくれたのは、同社社長室付で営業統括している「赤崎さん」です。下記写真にもあるとおり、素敵な女性で、好印象です!あいさつも早々にして、送迎バス(=赤崎エルグランド)に乗り込み、さっそく奄美大島島内観光へ。なかば強制的!?とも思える行程でしたが、「せっかく来たんですから・・・」とそのまま奄美パークへGO。天気の方はあいにくあまり良くなかったのですが、エアポートから車で移動する中、椰子の木並木通りですっかり南国気分となっていき、徐々にテンションも上昇です。 仕込み水 奄美パークを後にし、次は「れんと」の仕込み水探訪です!蔵元のある宇検村の西側、奄美大島最高峰の霊山「湯湾岳」の伏流水がれんと秘伝の隠し味になっています。実際飲んでみましたが、これが実に旨いのなんの、水質は軟質で実に柔らかく、旨みが口にひろがり、こちらも美味。聞くところによると、地元住民の厚い信仰があるとのこと。この湯湾岳から生まれる「れんと」も地元雇用の受け皿となっており、蔵そのものがある意味信仰!?されているようです。これ嘘ではなく、ホ・ン・トのはなし・・・。 湯湾岳の仕込み水 左から杉元工場長、赤崎さん  ようやく蔵見学 湯湾岳を後にし、次はようやく「れんと」の製造工場です!事務所に行くなり、まずびっくり。”ダイエー小久保れんと”を発見。聞けば蔵元が小久保の応援のため、作成したデザインとのこと。蔵元のホームページに出ていますが、実物は強烈なインバクトがありました。おそらくこの焼酎は、「大ヒット!?」するかもしれません・・・。まぁ冗談はさておき、工場長の杉元氏とご対面。聞けばあの有名蔵元○木本店であのプレミア焼酎の製造に携わっていたとのこと。優しいオーラのでているポッチャリ可愛い系の方で、ある意味れんとに実にマッチした工場長です! クラシック音楽聞いている優雅なタンク達。音響熟成でよりマイルドに! れんととは (1)黒糖焼酎は奄美諸島の特産です。 …奄美諸島に限って認められている黒糖焼酎 (2)米麹を使って個性を引き出す独特の発酵法 …黒糖と米麹を7:3でブレンドしたもろみがキー (3)仕込み水は奄美大島の最高峰、霊山 ”湯湾岳”の  清廉な湧流水を使用。 (4)地元特産、自然のままの黒糖を使用 …地元宇検村の黒糖を年間約50t使っている。 (5)名曲聞かせて音響熟成 …国際特許”バイブロ・トランスヂューサ”方式を導入 (6)女性杜氏が時代感覚を生かして酒造り  …管理栄養士の資格を持つ渡悦美が究極の技で醸す。右は杜氏の渡悦美さん、焼酎界のマドンナ!馴れ馴れしく「えっちゃん」と呼んでます! 黒糖焼酎「れんと」ができるまで (1)麹造り 自動製麹の中で米の洗浄、浸清、水切り、蒸し、冷却を行い、麹菌を散布して34度?36度の適温で約40時間熟成させる。 (2)一次仕込み 麹に水と焼酎酵母を加え、25度?32度で5日間酵母を培養する。 (3)二、三次仕込み 一時もろみに黒糖を溶かして加え、25度?30度で8?14日間発酵させます。糖液を2段階に分けて加え、酵母の無理のない発酵を促します。 (4)蒸留 発酵したもろみを単式蒸留機で蒸留し、濾過、貯蔵する。タンクにて約一年貯蔵後、新酒、古酒などブレンドし、アルコール度を26度に割水する。 (5)音響熟成 割水後、バイブロトランデューサー方式にて、水とアルコールの調和を早期に促すため、振幅の幅が大きい”クラシック音楽”を聴かせながら、3ヶ月間寝かせます。 (6)出荷 瓶詰め工場で、製品出荷完了します。 紅さんごって!?  女性杜氏渡悦美の温めてきた、”常圧蒸留酒第一弾”がこの紅さんごです。これまでのれんとに見られる”減圧蒸留”とは一線を画し、これからの奄美大島開運酒造のキーを握る次世代型黒糖焼酎です。 <特徴>「紅さんご」は、常圧蒸留にて製造後(蒸留後)、原酒を樫樽にて5年以上の長期貯蔵で熟成させます。樽からの程よい甘さと芳香が、黒糖焼酎のコクのある風味とうまく調和し、さらにまろやかさを増した深みある琥珀色の本格焼酎へと、うまれかわります。仕込み水は、大自然のめぐみのひとつである琉球弧の最高峰、湯湾岳がもたらす浄化を極めた天然水を使用しています。大自然のめぐみのひとつである琉球弧の最高峰、湯湾岳がもたらす浄化を極めた天然水を使用しています。 怒濤のご注文ありがとうございます!\(^o^)/ついに黒糖焼酎ランキングでれんとが「第一位、第二位」とワンツーフィニッシュしました♪感謝!

扱っているお店は、下町の焼酎屋 澤屋総本店 さんです.



他にもオススメがあるョ!!!
-0524】05P17may10
ー(長袖)】【52ca-969】
生350ml【2ケース単位価格】
高倉 古酒 30度/1800ml

楽天市場にあった!ステキプロダクツ!!

楽天ウェブサービスセンター

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。